「すっきりした~」のお声が、なによりもの遣り甲斐です

蒸し暑さもいよいよ本番となってきて、
最近はバッサリ髪を切る方が増えてきています。

土曜ということもあり、
今日は男性のお客さまも多かった。

みなさん口を揃え、
「暑いから相原さん、もうバッサリ切って!!」のご要望。

こんなとき、より一層のやりがいを感じてしまいます(笑

◆かれこれもう20年(上),25年(下)以上の愛用ハサミ

※手にしっかりとフィットします。

主に耳後ろの削る所はしっかり削り、
フェイスラインなどの残す所はバランス良く残す。

施術を終え、「すっきりした~」のお声が何よりもの遣り甲斐です。
また、切っている側のこっちまで何だかスッキリ感、満載です。

◆ちょっと不安定なお天気でした。

今日で上半期も終わりですね。
締日の今日も、楽しく仕事させて頂きました。

みなさま、
本当にありがとうございました。

World Cupサッカー:ポーランド戦

World Cupサッカーを、ここ最近たのしく観ています。
昨日のポーランド戦、
そして試合後の長友選手インタビューがとても印象的でした。

「次の相手も間違いなく自分達よりは強い相手で…」みたいなことを言っていた。
そしてそれを聞き((そんなこと言っちゃうんだ…))と感じました。

確かに相手ポーランドももの凄く強い相手で、
特にヘディングではまったく敵っていないような印象を受けました。
背丈というか、でも外国人特有の身長差ってありますよね。

それに対して日本は慎重さを武器に闘っていたようにも感じましたが、
冗談はさておいて  ← 身長 vs 慎重(笑 
負けは負け(=劣っているという意味)として認めることって大事なんだなと、
なんだか好印象すら湧きました。

つい自分も強がってしまう時があります。
あんな風に「自分達よりも強い相手で…」なんて、堂々と言えない。

でも手段はいろいろあり、
そしてその上でどんな自分/自分達に合った方法で行こうか?と、
改めて今日一日考えていました。

ネットで「他力本願、情けない!!」と批判の声も目にしましたが、
でもまぁある意味、
他人を頼るもありなのかな・・・と。

つい自力でやらなきゃいけない!!!と考えてしまいます。
昭和生まれなので(?)、プライドはあるのか!!と考えてしまう面もあります。
あんな棒立ちパス回しで、決勝トーナメント進出!なんてなったら、
賛否両論湧くのも分かります。

でも分からないですよね。
どの方法・戦法が正解だなんて、人それぞれ。
その人のポリシーや正義感みたいなものもあるかも知れないですね。

相手チームのポーランドも1勝した余裕からなのか、
お腹いっぱいなライオンは、無駄に獲物は殺さない…みたいな風格?も感じました。

手段はいろいろある。
僕にとって、この試合もまた印象に残った試合でした。

結果はどうであれ、
まだまだ日本、応援します。

来週も相当強い相手ですが、AM3:00、起きますよ!!

ふんわり感は大切!減らすところはしっかり減らし、残すところはしっかり残そう

梅雨時に入り、
髪のクセでお悩みだったり、毛量が多くてお困りな方が増えています。

今日もご新規のお客さまがみえ、
「後ろは髪が多くてボッサボサ…。でもその割にはトップがすぐにペタッと寝てしまう」と
ほんとお困りな様子でした。

くせ毛で剛毛な方でしたが、
原因は、トップの髪の長さ設定と、耳後ろから襟足の毛量調整不足。

それなのにお顔まわりだけはしっかり過ぎるほど、すいてあり、
なんだか元気のない印象さえ(失礼…)受けました。

ドライカットだと、普段通りそのままの状況を見て、切り進めていきます。
減らすところはしっかりと減らし(夏なので!)
残すところはしっかりと残す。
やはり、ふんわり感は大切ですよね!

トップの長さも((そりゃ立ち上がらないよ~、この長さじゃ))と内心感じながら切っていました。
※トップの長さ設定って全体のシルエット(=ふんわり感)を決める もの凄く大切な要因です。

そーゆうのを探りながら、
一つ一つお顔の印象を確認しながら切り進めて行くのも好きです。

切り終え、後ろ姿も鏡で見て頂いたら、
「わぁ~、すごい」と言って頂けました。

他では無理なことでも、ここでは至って可能なことも沢山あります。
やはりこれからの時期、
特に夏場は、髪は手入れの楽ちんな方がいいですよね。

これからが、梅雨も本番。
じとじとさや湿気でお困りな時は、遠慮なくご相談ください。

スッキリした気分で、夏を迎えましょう。

さっと撮影&片づけ。 なんだか彼のフットワークの軽さに圧倒されました

そろそろお昼ご飯を食べようかな…と思っていたら、
飛び込みで「お店の写真を撮らせて頂けないでしょうか?」と訊くお兄さんが来られました。

聞くところによると、
ここ春日井市を拠点として活動されるカメラマンさん。

フリーランスとしてはまだ活動を始めたばかりの様子で、
自身のHPに載せる写真を撮り集めているそうです。
[made]さん

ちょうどお客さまも切れたタイミングで、数分間店内を撮影してくれました。

なんだかカッコよく、
撮影している姿を撮影させてもらった(笑


飛び込みで入って来られ、
さっと撮影&片づけ。
なんだか彼のフットワークの軽さにも圧倒されました。

ブログも丁寧に書かれているご様子で、
特にこちらの[愛岐トンネルの紅葉記事]は、やはり写真が感動ものです。

HPの制作&運営や、動画編集、ドローンなどの空撮も手掛けているそう。
◆もらったチラシ

丁寧、且つ気さくな印象ながらも、まだ30代前半なんだそう。
センス溢れる感じで、こういう人が伸びていくんだなぁ~とも感じました。

やはり、
人柄は大切なのですね。
見習わなきゃ…とも改めて感じました。

もしHPに載せて頂けたら、
また皆さんにもお知らせさせてもらいますね。

金沢旅行

息子の参観日代休を利用して、金沢に行ってきました。

一泊二日の家族旅行。
いろんなことがあり、思い出深い旅行になりました。
兼六園

兼六園は観光客も多くて賑わっていましたが、 ←自分のその一人ですが
奥の方はとても静かで落ち着いた場所でした。


◆21世紀美術館

とてもアートな場所
有料ゾーンではアーティスティックな作品が展示されていました。
無料ゾーンは気持ちよく、みんな思い思いに寛いでいた。

有名な大江町市場では、海の幸を堪能してきました。
回転寿司でしたが、でもやはり金沢!
驚くほど美味しかったです!!!

ひがし茶屋街は、京都や高山に比べればこじんまりとしていた。
◆金箔の蔵

二日目は、((息子にはちょっと退屈だろうな~))と考え、なぜか釣り堀にも寄りました。
[手取フィッシュランド]
↑ でもここがまた面白く、親子共々大興奮!
※案外オススメかも…です。
僕らは、次回からは絶対外せません(笑

他にもいろいろ周りましたが、やはり金沢はスケール感が凄かったです。
街全体が、なんだか重厚な印象でした。

でもそれらを感じ取る心の余裕やゆとりも大切にしたいなと思いながら、帰ってきました。

秋の紅葉の時期に、また訪れてみたいです。