これほどまでのアドバンテージ

昨日は20年以上の常連のお客さま(男性:会社員の方)と、カット中に「起業・副業」についての話をしました。

きっかけは僕が「お店でのパソコン教室を、もっと宣伝していこうかな?と考えてる…」と打ち明けたことから。
40代初めのお客さまで、19の大学生の頃から通ってくださっています。
感謝です!

で、いろんな話を交わした訳なんですが、印象的だった話が「会社員にとって、思った以上に起業や副業は大変なんですよ~」という話。
聞けば、そーゆう発想に慣れ親しんでいない。
組織(上?)の考え優先で、自分で意思決定できる機会が意外と少ないそうです。
で、相原さんはそーやって自由に決められるからいいな~と(笑


また起業や副業をするとなると、いろんなしがらみ?や逆風?もあるみたいで、なかなか一歩が踏む出せないそう。
そして中でも一番の逆風は、時間の誓約、というか自分で自由に時間を組み立てられないこと、なのだそうです。

「相原さんは、こーしてお客さんがいない時は自分で好きなように時間を使える。でも僕らサラリーマンって会社(上下)に管理されてるから、そもそもそれが許されないし、そのパワーが湧かないんですよ~」と。
はぁーーーー、なるほどー。そこだったか!!と驚きました。

思えば僕は、自分で時間が使い放題。
一応、お客さまは担当しないと食って行けないので、一日の時間を自分で好きに組み立て放題…という意味です。

でもそれって、もの凄いアドバンテージだな、、とハッと気付きました。
もう慣れているから分からなかった。


で、更にお客さまは「いくら土日休みと言っても、その時間だけで好きに動いて活動していく訳にはいかない。家族もいるし、第一自分も週末は疲れてるし…etc」と。
「そしてその上で、更に逆風(追い風なしの向かい風&未知の世界)ってそりゃハードル高いよ~」とも。
もちろんそれでもやってく人もいるけど、でも一般的ではないよね…とも。

ほんと、そーでした、仰る通りでした。
それはキツイわ、あまりにもその環境じゃ、難しいわ…と。


僕は心のどこかで((みんな試しにやってみたらいいのに。なんでやらないんだろ??))って、ほんとにずっと疑問でした。

でもそーゆうことって、勇気とか勢いとか、スキルでもないのですね!
会社に知れたら、あまりいい顔もされないそうです。
ましてや、応援し合う、とか励まし合って!!なんて雰囲気もないのかも、とも??

いや、ほんと環境があまりにも違う。大変なんだな~と、彼の話を聞き、しみじみ実感しました。
シリコンバレー(アメリカ)が独立に向いての空気が流れてるって、どこかでよく目にしてきたのですが、でもそれってきっと一般的ではなかったのですね。

で、「相原さんはいいよな~。なんでも自由に始められるし…」とも。

いや、ほんとにその通りなのです。
お店を使ったPC教室に今チャレンジ&準備をしているのですが、

でもこれ、失敗したとしても失うものは何もないし、あーダメだったな~、うまく出来なかったな~、まる…で終わってしまう話なのです。
 

でも、会社員の方にとっては、それはあまりにもリスクは多い。
なによりも逆風の環境が、あまりにも違うのですね!!
そー言ったことに気付いているようで、これが自分にとっての一般的、そして当たり前になっているので気付いてはいませんでした。

で、そんな恵まれた(←ある意味)環境、
活かさない訳には行かないし、
お店をもう長年やって来ている訳だし、箱(=場所・店舗)ももうある。
そして、これほどまでのアドバンテージをもらっておきながらのグダグダグダグダ言ってること、情けないわ”!とも思いました。

きちんとした結果、そして成果を挙げ、彼にまた見てもらえるようにします。
帰り掛けに「相原さん、がんばってね!また今度来たら、楽しみにしてるわ^^」と仰ってもらえました。
当然、失敗もOK!
がんばります。

今年も一年間、ありがとうございました

rippleは今日まで営業でした。

今日もたくさんの方にご来店頂き、やりがい、そして喜びをめいっぱい噛み締めたような一日でした。

こんな小さなお店で、12/31まで働いて年を越すのが大好きです。

みなさま、

今年も一年間、ありがとうございました。

素敵な年越しをお過ごしください!

謎が謎を呼ぶ、なぞなぞ

「上のほうにあるけど、ぼーっとしてるもの、な~んだ?」ってカット中、

幼稚園の子(お客さん)になぞなぞを出されました。

で、う~~んと悩み、思いつかず・・・、
おじさん、ギブアップ。

そして答えは、なんと「屋根」!

「えっ!?なんで?」って訊いたら、

「だってずっとぼーっとしてるじゃん…」とのこと。

… いや、むずかしかった(^_^;

謎が謎を呼ぶなぞなぞでしたが、

でも子どもの観点って、思いもよらぬものが出て来ますね(笑

やわらかな頭、大切ですね!

土曜日の夕方前の閉店

今日はもう、夕方前に閉店でした。

夕方以降のご予約が入らなかった訳なんですが、
いや~、土曜日のこの時間=夕方前にクローズなんて信じられないです。

◆閉店時の様子

まだ明るいですよね。

コロナウイルスの影響を、身を持って感じた一日でした。
引き続きリップルは、換気及び衛生面への配慮、そしてご予約の間隔を普段より空けた施術を行っていきます。

もちろん僕はマスクを掛けて施術させて頂きますが、
お客さまにもマスクを掛けて頂いても大丈夫です。

ご来店下さる皆さま、ありがとうございます。

リップルなら、髪を切ってもいいよ

卒業式前なのでこの時期、
小学生(小6)のお子さん達が、よく髪を切りに来てくれます。
今日も朝一番で小6の女の子と、夕方に男の子の計お二人様が入っていました。

で、まずは午前中、女の子のお客さまを1人切ったのですが、まるで別人に変身!

カットした本人が言うのもなんなんですが、
やはり髪の長さは変えなくても、毛量を減らしたり、スライドカットやレイヤーで毛先や表面に動きをつけたりで、めちゃくちゃ変身しますよね。

そりゃそうです。
1,000円カット(もしくは家)のぶつ切りカットでは、どんな子もなんというか、
どーしても野暮ったくなってしまいます。

でもやっぱりお子さんだって、きっとかわいくなりたいですよね!!
女の子の方は「リップルでなら髪を切っていいよ」と言って、来てくださったそうです。

切り終え、驚くほどの変身ぶりに、お母さまも女の子も大喜び!
無事期待にそえ、よかったです。

一方の男の子の方も「どんな風にする?」と訊くと、「カッコよくして!」と一言。
燃えます、こーゆう時は(笑

もともと髪の多い子(剛毛)で、なんとも言い難い感じに伸び切っていましたが、
丁寧、且つ大胆にベリーショートにカットさせてもらいました。
こちらもとても似合っていました。

小中高も休校に入り、世間はバタついていますが、卒業式に花を添えられた感じで嬉しかったです。

Hさん、Aくん、ありがとうございました。

プロの方[madeさん]に撮ってもらいました


やはりプロの仕上がりは、別格というか、見違えますね(笑

ご卒業、
おめでとうございます!